フレンチレストラン レフェルベソンス

Bonjour!
料理研究家Citronヨーコです。

昨日に続き国内のフレンチレストランのご紹介。

フランスで最後の最後に思ったのが日本人の感性でのフランス料理ってなにかしらということ。
日本のフランス料理はとてもレベルが高い。
もうベースをベテランのシェフが作ってくれているんです。
しっかりフランス料理をやっていれば日本人の感性を組み込んでもちゃんとフレンチができるはず。
現にパリでは若手の日本人シェフが星を獲る時代です。

そんな思いで最後のパリで話題の日本人シェフのレストランの予約を試みたのですが全て満席願いかなわずでした。

そこに帰国後1番の食事会がレフェルベソンス。
これは出国前に料理家仲間が予約してくれていたとっておきのお楽しみの食事会。
私がその時に一番求めていた料理が形になって出てきたんです。
c0141025_22225815.jpg
生江史伸シェフの料理はたくさん勉強して基本はしっかり。
そこに冒険心と遊び心。世界から見た日本人を意識したフレンチ。

リニューアルしたばかりのレストランはとても洗練されていて、都会なのに庭木が癒しを与えてくれる。
少し北欧風のテイスト。
サービスは皆さん若くて明るくいながらも手厚くしっかりと。

レストラン全体が勢いがあります。
c0141025_22231366.jpg
意外性があり美味しいお料理。
とくに印象的だったのは鱧のお皿。
香ばしさから柑橘の使い方まで和の雰囲気をもちつつフレンチしている。
とっても美味しかったです。
c0141025_22230517.jpg
発想の転換も素晴らしい。
今、バター不足ですよね。これは今後も続くのですが料理にバターを使うのだから無理にパンにバターでなくてもと・・・
豆腐クリームを添えていました。もちろん豆腐に合うようにパンも特別にセレクト。
しかもこの豆腐、私も大好きな千葉県神崎の月のとうふ店のもの。
このひとつでここまでのこだわりですからお料理の一皿一皿への想いの強さは相当なものと思います。

食後はコーヒーでなくて抹茶を立ててくださいます。
c0141025_22232538.jpg
海外生活を経験すると日本の文化を見直すようになりますがシェフの目線はまさに海外から見た日本。

また要所要所に発酵食品を取り入れています。
シンプルなのに旨みがあるな~と思って伺うと自家製の発酵をさせているものがあるのです。
言われないと発酵とはわからない、どうやったらこの味が出るのかな?と思うだけなのです。

シェフにお願いして自家製発酵食品の部屋を見せていただきました。もうシェフのオタクというか研究熱心さが素晴らしくて大好きなレストランになってしまいました。

c0141025_22225263.jpg
仲良しの料理家仲間との情報交換会。
今回ご一緒いただいたのはモンタルト陽子さん、神崎則子さん。
お二人ともフレンチのお勉強をしているので話が盛り上がる盛り上がる。
楽しい時間をありがとうございました。

予約の取れないレストランですが・・・
こちらもプチシトロンで行きたいお店です。
予約がんばります!



*********お知らせ************
Citronヨーコ初めての料理本「いつもの食材で喜ばれるスペシャル・レシピ」SBクリエイティブより発売中!
Amazon・書店で発売中!
応援よろしくお願いします♪Amazonの紹介・予約ページは→
コチラから

c0141025_042295.jpg



富澤商店のHPにコラム掲載中♪コチラ!フードソムリエの「産地と食卓の往復書簡 最新号」を担当させていただきました。鹿児島県桜島大根の農家さんとのやりとりを綴っています。→コチラフードソムリエの「産地と食卓の往復書簡vol.43」を担当させていただきました。天草の甘夏農家さんとのやりとりを綴っています。是非ご覧ください♪→クリック!レッスンのご予約はプチシトロンHP  下のバナーをクリック!
c0141025_21494499.gif

ドリーミアサロンの「予約の取れない料理教室」でプチシトロンが紹介されています。
予約の取れない自宅教室1回目
予約の取れない自宅教室2回目
予約の取れない自宅教室第3回
予約の取れない自宅教室第4回
サロネーゼランキングに参加しています。おひとり様1票の応援メッセージ、いただけましたら嬉しいです♪→ファン登録
[PR]
by citron-kami | 2015-11-26 16:07 | フランス料理 レストラン | Comments(0)