人気ブログランキング |

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入

イタリアでの日々。
毎日沢山の経験をさせて貰えて、人生の宝物です。

今日はパルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入しましたよ。

日本でも人気のチーズ、この生産地はエミリアロマーニャなんです。原料となる牛の種類、餌から作り方まで伝統製法が決められていて、守られています。

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_719211.jpg

牛乳を脂肪分を抜いたもの、入っているものと合わせて温めていくとチーズの形が!
これが1年後からパルミジャーノレッジャーノとして市場に出回るのです。このチーズを味見!

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_7192649.jpg

高野豆腐みたいなキシュキシュした食感に優しいミルクの香り。
液体をホエーといい、これはリコッタチーズの原料になり、ホエー豚の餌になります。このホエーも味見したいと言うと驚かれましたが笑。

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_7193054.jpg

優しいミルクの味わい!


パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_7194270.jpg

これを型にいれていきます。このとき60キロ!

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_7193181.jpg

塩水につけながら水分を抜き

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_719372.jpg

見覚えのある文字をいれていきます。

そして熟成庫に。
早くて12ヶ月。24ヶ月になると固くなり、アミノ酸がでて、なんともいえぬ風味になります!30ヶ月なんて素晴らしすぎます!

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_7194661.jpg

この熟成庫は感動しましたよ!
温度、湿度計を保つのはもちろん、カビがはえないようにチーズを定期的にふきあげます。
それでもカビがはえたり、熟成がうまく進まないものがでてくることがあります。それは、牛のエサに指定外のものが含まれているとおこるそう。

パルミジャーノ レッジャーノの工場へ潜入_c0141025_7195175.jpg

私たちが日本で食べているパルミジャーノレッジャーノもこうして長い年月をかけて丁寧に作られているのです!

素晴らしい伝統の製法に触れる事ができて感動しました!
by citron-kami | 2012-11-05 07:00 | イタリア | Comments(0)