<   2012年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

6月に訪れた北欧旅行。
生徒さんに「お買いものしましたか~?」とよく聞かれます。

北欧は雑貨天国!
一駅歩く間に3~5件は雑貨や家具のお店が目に入ります。
一人で過ごす時間は食べたいものを食べたら雑貨屋さん巡りに費やしました。
デンマーク  イルムス
c0141025_21411749.jpg

デンマークのみでなく、スウェーデン・フィンランドのブランドもそろっています。
デンマークではサマーハウスといって、夏は別荘で暮らす方が多いのですが、そのサマーハウスのイメージのレイアウトがたくさんあって、うっとりしました。
料理好きな国民性?
キッチン雑貨の揃えは素晴らしいです。
c0141025_21552942.jpg

イルムスではテーブルクロスやマリメッコの食器をたくさん購入。
お隣のフィンランドはサンタクロースの故郷なのでサンタグッズも充実です。(これはスウェーデン)
スウェーデンの雑貨屋さん
c0141025_21362677.jpg

どのお店もお店ごと買い取りたくなるくらい。
もう帰りたくなーいと叫びそうでした。
c0141025_2201666.jpg

購入したのはこちら。
テーブルクロスやランチョンマット。キッチンクロス。
日本でもお馴染のキッチンワイプはスウェーデン生まれ。


蚤の市・アンティークショップ
c0141025_21472230.jpg

アンティークには詳しくありませんが、旅行前に少し調べていきました。
古くても状態のいいものも結構あります。
日本で買ったらいくら・・・?というものもたくさん。
アンティーク好きにはお宝の山ですね。

c0141025_21483551.jpg

私が買ったのはこちら。
お皿のメーカー、有名なところです。この色は珍しいのかな。ちゃんと状態もよく6枚揃っていて、6枚で
4000円くらいにしてもらいました♪
鶏のエッグカップはかなり古いアラビアのアンティーク。
これは調べてもあまり出てこないのですが一目ぼれして・・・
お値段交渉しましたがこれは古いものだから安くできないと・・・2つで3000円くらい。

北欧では季節ごとにカーテンやクッションカバーを変えるそうです。
素敵な習慣ですね。
北欧の雑貨は洗練されていて素敵ですがお値段は高いです。日本で買うのと同じくらいかもっと高いくらい。
IKEAの値段なんてどこにもありませんでしたよ。

旅のお買いものは旅の思い出。
ついつい重量オーバーぎりぎりまで購入してしまいますがそれもまたよい思いで♪

***************************
いつもブログをご覧下さる皆さま。
そして生徒様にお願いです。
Driamiaサロンのサロネーゼランキングに参加しております。
皆さまの1票が励みになります。「ファン登録」で応援をお願いいたします。http://dreamiaclub.jp/ds/dtl.php/ds/11135/tab/6どうぞよろしくお願いします♪
早速「ファン登録」「口コミ」して「いただいた生徒様、ありがとうございます!
[PR]
by citron-kami | 2012-08-31 21:56 | 北欧 | Comments(0)

毎年恒例となったワイナリーツアー。
c0141025_20565137.jpg

マイクロバスを貸切にし、山梨のワイナリーと秋の味覚狩りを楽しみます。
まだ定員までお席がありますのでワインがお好きな方、ワイン作りに興味がある方、是非ご参加くださいね!
9月30日(日)
ミサワワイナリーです。
ミサワワイナリーさん、先日の国際コンクールでも賞をたくさん獲っていましたよ。
詳細はこちらのブログへ→コチラ
お楽しみのランチはスープ・サラダ・メイン。
メインはお肉とお魚から各自選んでいただきます。
下見の時はこんなお料理でしたよ!
c0141025_2059680.jpg

秋のワイナリー。
畑のぶどう・ワイン作りとっても楽しみです。
お申し込みはHPよりお待ちしています♪
**********************
いつもブログをご覧下さる皆さま。
そして生徒様にお願いです。
Driamiaサロンのサロネーゼランキングに参加しております。
皆さまの1票が励みになります。「ファン登録」で応援をお願いいたします。http://dreamiaclub.jp/ds/dtl.php/ds/11135/tab/6どうぞよろしくお願いします♪
早速「ファン登録」「口コミ」して「いただいた生徒様、ありがとうございます!
[PR]
by citron-kami | 2012-08-31 21:00 | ワイン | Comments(0)

今日の賄い

今日で8月のレッスンが終了しました。
暑い中お越しいただいた皆様、ありがとうございました!
いつも以上に基本に帰ったレッスン。意外にもベテラン主婦の方の参加が多く、私自身、基本は本当に大切でしっかりお伝えする機会が欲しいと思っていましたので、皆さまが知らないことがたくさんあった、基本は大切と言ってくださり、とても嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

レッスンのあとのお昼ご飯。
パパッと作れるものが中心です。
今日は夏の間にもう一度食べたかった特集!(勝手に夏の終わりを惜しんで特集組んでみました)
汁なし坦々麺
c0141025_1372869.jpg

パクチーがあればもっとよかった・・。
しっかり豆板醤を炒めて利かせて。
辛いの大好きで、夏は特に身体が欲します。
そこにたっぷりの胡麻でマイルドクリーミーに。
c0141025_139353.jpg

混ぜ混ぜして麺にからめていただきます。
麺は永楽製麺の太麺が相性いいです。
c0141025_1395683.jpg

仕上げには花椒を砕いてプワーンと香りをプラス。

簡単おいしい賄いメニューでした♪

いつもブログをご覧下さる皆さま。
そして生徒様にお願いです。
Driamiaサロンのサロネーゼランキングに参加しております。
皆さまの1票が励みになります。「ファン登録」で応援をお願いいたします。http://dreamiaclub.jp/ds/dtl.php/ds/11135/tab/6どうぞよろしくお願いします♪
[PR]
by citron-kami | 2012-08-31 01:44 | おうちごはん | Comments(0)

昨日のカンブーザでイタリア熱が高まって・・・
早速家でも手打ちパスタ。

イタリアにはパスタの種類が数百あるそうです。
何個知っていますか?

手打ちパスタはその味や食感も好きですが作る工程も大好き。
特に専用の道具を使うモノは気持ちが高まって好き。
昨夜と同じクロセッティを作ってみました。

c0141025_15397.jpg

この型で伸ばした生地を丸く抜き、挟むと両面違う模様になる仕組み。
このパスタはリグーリア地方特有のパスタ。
地域によってはコルセッティ・クロゼッティともいいます。
この型を作っている職人さんは現在イタリアに一人。
クロセッティの型は私の宝物です。

c0141025_17878.jpg

卵白もオイルも入らないコシのつよい生地。
食感はもちろんですが模様が奇麗に浮き出るためにも配合は重要です。
c0141025_194438.jpg

今回は松の実たっぷりにベランダのバジルを加えて。もちろんパルミジャーノレッジャーノとオリーブオイルをたっぷり加えて。普通のジェノベーゼソースより松の実多く仕上げてみました。
濃厚なソースにとってもよく合います!

他のお料理は控えめに。
c0141025_1182762.jpg

酷暑なので買い物に行きたくないので家にあるもので。
かぼちゃと無花果のマリネ
きのことおくらは自家製セミドライトマトをガーリックオイルごとペーストにして炒めて。
自家製ピクルス夏使用で少しカイエンヌペッパーを利かせてあります。
大好きなサン・ダニエーレとオリーブがあればもう充分♪
サン・ダニエーレは北イタリアでどんぐりを食べて育った豚の生ハムです。風味がよくて色鮮やかで大好きな生ハム。

手打ちパスタ。
次はなにを作ろうかな♪
イタリア熱、しばらく冷めそうにありません!
[PR]
by citron-kami | 2012-08-28 01:20 | おうちごはん | Comments(0)

8月最後の週末。
夏も終わってしまう・・・とちょっとさみしい気持ちになります。最後の夏の夜を楽しく過ごそうと
昨夜は友人を誘って横浜のイタリアンへ。
カンブーザ。
以前、雑誌でみてから気になっていたイタリアンのコースにナポリピザを組み込んでいるレストランです。

ワインをゆっくり楽しみながらお食事したい私には、ドカンというピザはちょっと。
前菜も食べたいし、パスタだって食べたい。
そんな我儘をかなえてくれるお店です。

c0141025_14321663.jpg

夜はコースのみ。
プリフィックススタイルになっていてそれぞれ好きなものを選んでいただけます。

あれも食べたい・これも食べたいという気持ちを察していただいて、二人別々のコースにしてすべて違うお皿を選んで取り分けていただきました。こういうオーダーはあまり喜ばれないものですが、快く提案してくれました。
・一口のスープ   冷たいキャロットスープはオリーブオイルと塩の塩梅が最高です。
・アペリティフ    三浦産平目と桃をきゅうりのビネグレットソースで 
            友人は穴子のフリット
・ピザ         リモーネ  
・パスタ       コルセッティをモンサンミッシェル産のムール貝のソースで
・セコンド      三浦産金目鯛と鎌倉野菜ののヴァプール
c0141025_14412468.jpg
 
数種類あるピザからはリモーネを。リモーネはレモンのこと。レモンのピザって初めてです。パンチェッタとモッツァレラチーズ・レモン・胡椒のバランスのよいこと。
生地のもっちり感、風味最高です!
かわいい鶏を作ってくれました。まるでピザを食べたくて狙っているよう(笑)
本当においしいピザでした!
オーナーでピザ職人の高田さんは10年イタリアで修業された方。本場のナポリピザをイタリア料理のコースにさりげなく組み込むスタイルを提唱しています。

c0141025_14451846.jpg

パスタは手打ちパスタ数種類と乾燥パスタ2種類がそれぞれ違ったソースとあわせてあります。
友人のリクエストでコルセッティを。
樹の型で押して作るスタンプパスタです。
オリジナルの木型はいかりや店のロゴの船マーク。
松の実のソースを絡めるのが一般的ですが、こちらではムール貝のソース。
貝のうまみがしっかりとからんでいて美味しい!

他のお料理も本当においしくて、素材の良さ。香りの組み合わせが印象的でした。
ボトルはもちろんですが、グラスワインが充実しているのも嬉しくて、お料理ごとにワインを選んでいただきました。
友人はデザートを注文していましたが、私は飲んだらもう甘いものはいらないのでチーズとワインで〆。

お店の方の心づかい、タイミング・笑顔も心地よく
楽しく、おいしい時間を過ごせました。
昨夜も満席でした。人気のお店ですので予約してお出かけくださいね。

横浜 カンブーザ
横浜市神奈川区鶴屋町2-11-2
045 512 8882
横浜駅西口徒歩5分
[PR]
by citron-kami | 2012-08-26 14:52 | そとごはん | Comments(0)

夏のお昼といえばソーメン・冷麦。
夫が冷麦派なので我が家は冷麦のことが多いです。

冷麦の必需品、麺つゆの素。
簡単にできて香りよく仕上がるので作って保存が定番。
c0141025_011770.jpg

こんな風に保存して3週間くらいは大丈夫。
風味のよいうちに使い切りたいのであまり多くは作らず、2週間で使ってしまいます。
c0141025_031937.jpg

薬味たっぷりの冷麦・手作り麺つゆだとぐっと美味しいですよ。
ソーメン・冷麦・冷やしラーメンの麺はもちろん
煮物や炒め物の味付けにもなります。
出汁をとった後のかつお節は
旨味もまだ残っています。
そして麺つゆの醤油とみりんの味がしみ込んでいるんです。
これはこれでご馳走!
ふりかけにしてもいいのですが今回はこんな感じにアレンジしました。
c0141025_055622.jpg

ブロッコリーのおひたしに絡めてみたり。
クリームチーズ&パセリと合わせてディップに。
残り物とは言わせない美味しさですよ。

麺つゆの素はリクエストも多いので来年の夏前にレッスンに取り入れようかと思っています。
お楽しみに!
[PR]
by citron-kami | 2012-08-25 00:08 | 保存食 | Comments(0)

9月のレッスンメニューには「カスレ」というフランス南西部の郷土料理を組み込みました。
初めて聞く方も多いですよね。

どんなお料理かというと
c0141025_1795781.jpg

こんなお料理。
こちらは昨年の夏にフランス、カルカソンヌで食べたカスレです。
日本でもフランス料理の教室で習ったりしましたが、やはり現地で食べるのは格別です。
肉と豆の煮込みなのですが
地域によって入れる食材が違うのと、定義がいくつかあります。
私が食べたのは鴨肉のコンフィ・ガチョウの脂・豚の皮・太いソーセージ・そして豆。
それが専用の土鍋で焼かれてぐつぐつと出てくるのです。
c0141025_17161888.jpg

このギャルソンさんがプロレスラー並みに大きいので比較が難しいと思いますがこの土鍋、結構大きい。
1つで2~3人前。
お皿に入れてもらうとこんな感じ。
c0141025_17175169.jpg

日本ではない、肉の脂の濃厚な香り。それが豆と一体になってとても風味豊か。
この日の気温38度と暑い中でしたが、美味しくて美味しくてお代わりまでしてたくさん食べました!
忘れられない味です。
これを日本の家庭で手に入る材料で再現できないものかと・・・
試行錯誤してできたレシピで9月のレッスンは作っていきましょう!
本場に負けない深ーい味わいに仕上がっています。

お店はこんな雰囲気。
c0141025_1721334.jpg

城壁の中のぶどう棚の下。
私は観光に興味があまりないのでカスレを食べるためにカルカソンヌに行ったのでした。

ちなみにカルカソンヌは
「カルカソンヌを見ずして死ぬな」ということわざがあるほど歴史が深く、美しい城壁の街。
c0141025_17234356.jpg

かなり観光地化していましたが、歴史を感じる城壁。
そして景色は最高でした。

9月のレッスン、楽しみにしていてくださいね。
少しですが残席もあります。HPをご覧ください。
[PR]
by citron-kami | 2012-08-23 17:26 | フランス | Comments(5)

夏のお昼ご飯。
マンネリになってきませんか?
夏休み中のお子様がいらっしゃるご家庭ではママも疲れがたまるころですね。

昼食は午後の身体活動にとっても大切なエネルギー源。
手はかけられなくてもバランスよく、作っていきたいものです。

今回は簡単で美味しいソーメンチャンプルーのレシピをKaihouseさんのHPに公開していただきました。

ゴーヤとツナのソーメンチャンプルー
常備してあるソーメンを使って作る炒め物。
今回は旬のゴーヤとプチトマトに旨味の出るツナを加えました。
ナンプラーベースのアジアンなテイストに仕上げましたよ。
c0141025_16324140.jpg

ソーメンを茹でている間に野菜を準備して・・・
この中華鍋で茹でて、水を捨ててから炒めれば1鍋でできますよ。
c0141025_1640040.jpg

ソメーンをゆですぎないのがポイント。
レシピは→コチラ
アレンジでは具材を変えて・・・豚肉&にら&プチトマトや鶏肉&長ネギ&小松菜もおススメです。
夏の昼食に、是非作って見てくださいね!

毎月Kaihouseさんの調理器具を使用したレシピをご紹介していますが、今回使用したのは
O.E.C.28センチ 中華鍋(蓋付き)
c0141025_16593482.jpg
シルバー&グレーのスタイリッシュなデザインの中華鍋型。持ち手が通常のフライパンや中華鍋に比べて短く、力がなくても鍋を支えやすい作りです。厚みはしっかりとあるので炒め物の他、焼きつける・炒めてから煮るなど熱伝導がよく美味しく仕上がります。蓋もあるので炒めてから煮るといったこともお得意。
中華鍋型のよいところは底が小さく上は大きいので少量から大量の調理まで1つの鍋でできるということ。
IHにも対応しています。
プチシトロンでも置いてありますので使用してみてくださいね!

残暑の厳しい日がまだ続きます。
夏バテしないよう、バランスのとれた食事を心がけてくださいね!
[PR]
by citron-kami | 2012-08-22 16:48 | 企業のおしごと | Comments(0)

まな板削り

お料理に欠かせない道具のひとつ。
まな板。

皆さん、どんなまな板を使っていますか?
プチシトロンの教室では取り扱いのしやすさからプラスチック製のOXOのものを使用しています。
洗いやすくて消毒もしやすく滑らない。

でも教室を始めるまでは木のまな板にこだわっていました。
包丁のあたりがいいのです。
これは一度つかったら病みつき。
今でも気合いを入れてお料理をする日は木のまな板をだしてきます。
そのまな板がずいぶん痛んできました。
c0141025_23213352.jpg

もう傷だらけ。
魚を卸すときに使うことが多いので、出刃包丁で頭をわったりと大きな傷が目立ちます。
野菜をよく切る方ですと真ん中がへこんできますね。

そこでまな板削りに出しました。
仕上がりはもう新品みたい!
c0141025_23231240.jpg


削りたてのまな板は木の香りがします。
このまな板はヒノキ。なのでとってもいい香りですよ。
削り方は調整していただけます。私は目うちの跡は残ってもいいので(ここまで削るとうすくなるので)包丁あとが消えるまでとお願いしました。
もう、つるつるでなめらかでうっとり。

改めて大切に、長く使おうと思いました。
今回、まな板削りを頼んだのはたまたまネットで見つけた
杉本木々工房さん http://www.geocities.jp/sugimotomokkou
とても親切で安心してお願いできました。
[PR]
by citron-kami | 2012-08-21 23:28 | キッチン | Comments(0)

梅干しを漬けるときの香りと色付けの赤紫蘇。
梅干しができたらお役御免。
今度はゆかりをつくりましょう♪

c0141025_15593115.jpg

左上 まだ干す前の赤紫蘇
右上 赤紫蘇を干しています。干し野菜用のネットは便利です。
左下 ほどよく干せたらフードプロセッサーにかけるだけ!
右下 できたばかりのゆかりはふんわりしていて香りがいいですよ~。
c0141025_162085.jpg

早速瓶に詰めました。
c0141025_1623899.jpg

プチシトロン夏のギフトセット♪
お世話になっている方へはこんな風にお送りします。
自家製のゆかり・梅干し・ラッキョウの詰め合わせ
c0141025_1644839.jpg

8月のレッスンでは生徒さんにも召し上がっていただいています。

夏の手仕事。
これでひと段落。
保存食作り、楽しいですよ!
来年は梅干しチャレンジしてみませんか。
[PR]
by citron-kami | 2012-08-17 16:07 | 保存食 | Comments(0)