<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昨夜のプチシトロンはワイン会を開催していました。
ソムリエをお招きして年に数回開催するワイン会は毎回大盛況。
今回も熱気にあふれていましたよ。

今回のテーマは「自然派ワイン」
最近、レストランやワインバーでもよく見かけるようになった自然派ワインたち。
個性豊かゆえに自分好みの1本になかなか出会えないという方、おつまみになにを合わせたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
自然派ワインって?というお話からワインの1本1本までたっぷりお話を伺いましたよ。

今回ご紹介したワインはこちら♪
c0141025_2050173.jpg

R3 パピヨン
滋賀県 ヒトミワイナリーで作られる微発泡性ワイン。
田舎方式で作られているため開栓とともに泡が・・・
ソムリエも私も国産ワインに注目しているので毎回1本は取り入れてもらっています。
c0141025_2053547.jpg

いかにも私好みのレモンイエローのエチケットはスールラットNVラ・グランド・コリーヌ
フランス ローヌで日本人の大岡弘武さんが作るワインです。
2本用意して1本は3日前に開栓しておいたもの。もう1本は目の前で開栓したものを飲み比べました!
ワインは開栓したらすぐに飲むものというイメージが強いですが自然派ワインの中には飲みごろが開栓から数日後なんていうものもあるのです。
楽しいですね~♪私の本日の1番のお気に入り♪とくに3日目の方が好み!
ハートのエチケットはマリー・ローズ ノエラ・モランタン
今回はマグナムボトルで用意しました。
飲みやすさとかわいさで1番人気でした。これからのシーズンお花見に持参したらかなりの注目!
蝶のエチケットはホークウィンド・シラーズ グラントバージ醸造所
力強い味わいのシラーです。
そして今回のおまけ・・・
ソムリエのワインセラーに眠っていたマルセル・ラピエール ボジョレーヌーボー
2010年10月に亡くなった、自然派の父、マルセル・ラピエールが最後に手掛けたワイン。
本来はその年に飲むものですが1年半後、その味わいはまろやかに。
もうマルセル ラピエールのボジョレーヌーボーを飲めることはないので皆さんとありがたくいただきました。

ワインに合わせて簡単なおつまみをCitronが紹介しています。
20分でぱぱっと3品です。
ワインに合わせてお料理のテーマは 「オーガニックカフェ」
身体によい素材をたっぷり使いました。
c0141025_2142381.jpg

アスパラベーコンをワインに似合うようにちょっとおしゃれに仕上げました♪ベーコンの燻製香り、ふったチーズ、オリーブオイルがワインに合う合う♪鶉のポーチドエッグを崩してとろんと食べるのです♪
ケークサレは6月のレッスン用の試作でおまけで御出ししました♪ラッキーです。
キャロットサラダはクルミをたっぷりと!チコリボートに入れておしゃれに仕上げます。野菜もナッツ類を上手に組み合わせるとワインの香りとリンクしておいしくなるのです。
恒例〆ごはんはCitronが準備してお待ちしています。今回は玄米ちらし寿司味の濃い玄米は実はワインと合うのです。自然派ワインは酸味の強いものも多いのでお酢を利かせたお寿司とも高相性。
c0141025_21101588.jpg

無花果のタルト。こちらもぱぱっと作りましたの。
チーズや胡麻・トルコ産の白無花果はスールラットともロゼとも相性◎!

自然派ワイン、扱っている酒屋さんも増えてきました。
お店やレストランで見かけたら是非、試してみてくださいね!
[PR]
by citron-kami | 2012-03-21 21:15 | ワイン | Comments(0)

たまプラーザの料理教室Petit CitronCitronヨーコです♪
Kai Houseの調理器具を使ったレシピのご紹介。
今月はスペシャルマンスで前回のブログに続き2メニュー目ですよ!
春野菜とホタテのサラダをご紹介します。
c0141025_20423013.jpg

わさびを使ったドレッシングを作って春野菜の菜の花・かぶ・そしてホタテに絡めていただきます。
わさびの爽やかな香りとオリーブオイルの濃厚な味が蕪とホタテの甘みと菜の花の苦みを引き立ててくれます。
春野菜とホタテのサラダのレシピは→コチラ
c0141025_20584250.jpg

わさびにも旬があるんですよ。
秋・冬のわさびは香りより辛みが強くなりますが、3月に入ると冷たい水の中で育つわさびは春の訪れを敏感に感じ、辛みがマイルドになるとともに風味・香りがよくなります。
わさびの旬は春から夏。そうです。ちょうど始まったばかり!
旬のはしりです。

さて、わさびをおろすって・・・
どうしていますか?
わさびは大根おろしや生姜おろしでおろすとごわごわしておいしく感じられません。
なめらかにおろすにはサメ肌という木の板にサメの肌を貼り合わせた専用のものを使います。
お寿司屋さんでご覧になったことのある方もいらしゃるかもしれませんね。
でも家庭ではなかなか・・・
c0141025_2028533.jpg

そこで今回使用したのはKai House薬味おろし
2段あるおろし金のうち、一段は生姜にぴったりなおろしがね。蓋を底に付け替えると受皿になってとっても便利。そしてもう1段はわさびおろし
おろしてみるとあまりのなめらかさに感動しました。まさにサメ肌でおろしたわさびそのもの!
力もいらずどんどんわさびをおろせます。
デザインもシンプルで、場所もとらないので私は引き出しにそっとしまっています。
この1台があれば、奮発したお刺身を買った日は生わさびをおろそうかしら?なんていう気分になることと思います。

わさびは日本を代表するスパイス。
今や世界中で注目を集める食材となっています。
日本人である私たちは是非、本物の味を家庭で楽しみたいものですね。

春野菜とホタテのサラダのレシピは→コチラ他のアンバサダーの先生方のレシピは→コチラ
[PR]
by citron-kami | 2012-03-19 21:07 | 企業のおしごと | Comments(0)

たまプラーザの料理教室PetitCitronCitronヨーコです。
今日は温かく春の日差しが心地よい中レッスンを昼・夜と・・・
いらしてくださる皆様に感謝しています♪

私、Citronヨーコは貝印株式会社のキッチングッズを作っているKai Houseのアンバサダー(親善大使)として調理器具の開発に関わらせていただいています。
私を含む6名の料理教室の先生がアンバサダーとして毎月座談会に参加し、料理研究家としての声、生徒さんの声、そして家庭の主婦としての声をお届けしています。
近い将来、私たちの声から生まれる商品ができるかもしれません。

アンバサダーとして毎月月半ば過ぎのこの時期にKaiHouseの調理器具を使用したお料理レシピを1点コチラのブログとKaiHouseさんのHPでご紹介させていただきますので是非、チェックしてみてくださいね!

第1回目は「鯛のリエットでブルスケッタ」をご紹介します。
c0141025_163749.jpg

今回使用する調理器具はこちらの「ブレンディア」
このスマートな姿には想像もできない高機能です♪
ホイッパー・ミニフードプロセッサーなど6つのアダプター機能がこの1台についています。
今回はブレンディアに入っているミニフードプロセッサーを使用して鯛のリエットを作りますよ。
材料は
c0141025_1661344.jpg

材料はこんな感じで大きさを揃えてあげればレシピの順に火にかけて・・・
c0141025_1674324.jpg

フードプロセッサーに移したらバターとディルを加えて・・・
c0141025_1682972.jpg

ウィーンと混ぜるだけ♪
c0141025_1691069.jpg

鯛のリエットをカリッと焼いたパンにのせて
「鯛のリエットのブルスケッタ」の完成です♪
詳しいレシピは→コチラ
他のアンバサダーの先生方のレシピはこちらからチェック!→コチラ

是非、チェックしてみてくださいね!

ブレンディアを使ってみて・・・
刃の切れ味が最高なので素材の水分を逃がさず風味をそのままに短時間でリエットを作ることができます。
収納姿が美しいので現在はキッチンのスケールなどど並べて常に出しっぱなし。いつでも使える状態にしているんです。
先日は味噌作りでも活躍。
また、今月のレッスンでは生クリームの泡だてと・・・使わない日はないほどの活躍ぶりです。
生徒さんによく「フードプロセッサーとミキサー、どちらを買ったらいいですか?」という質問を受けます。
このブレンディアでは大きなタルトを作ることはできませんがソースやスープから泡だてなど両方の機能があるので1台で大丈夫ですよ!
教室に置いてありますので生徒さんはぜひ、使ってみてくださいね!

また、生徒さん向けの特別サイトでは昨日からセールが始まりました。是非、チェックしてみてください♪
明日はもう1品ご紹介する予定です。お楽しみに!
[PR]
by citron-kami | 2012-03-16 16:22 | 企業のおしごと | Comments(0)

お知らせ

こんにちは。
料理教室PetitCitronのCitronヨーコです。
4月のご予約もたくさんの方にご連絡をいただきました。
本当に感謝です。

大変遅くなりましたが昨夜、ご予約のお返事が終了いたしました。
皆さまへお返事をお送りしておりますがもし、また届いていないという方がいらっしゃいましたら
行き違いがあるかもしれませんのでご連絡をお願いいたします。
また、昨夜いただきましたメールにはまだお返事が出来ていませんのでご了承ください。


米粉特別レッスンにご参加いただきました皆さま
ご協力をお願いしておりますメールアンケート1回目を昨日お送りさせていただきました。
戻ってきてしまっているメールも多く今夜再びお送りさせていただきますのでご確認お願いいたします。
また、こちらの内容をご覧いただけましたらまだメールアンケートの届いていらっしゃらない方はご連絡をいただけますとありがたく思います。

昨日より3月のおうちごはんレッスンが始まりました♪
春のお野菜をたっぷりいただくおうちごはん。
今月も皆さんとお会いできますのを楽しみにお待ちしています。
[PR]
by citron-kami | 2012-03-16 15:52 | 教室のこと | Comments(0)

こんばんは。
週末の豆腐フェア、大盛況で無事に終わりました!
たくさんの生徒さんに応援に駆けつけていただいたり、予約メールとともに応援メッセージをいただきました。
ありがとうございます。
豆腐フェアの様子はまた後日ブログにてご報告させていただきますね。

帰ってパソコンを開くとたくさんの予約メール。
本当にありがとうございます。
本日、皆様のご予約を調整し、すこしずつお返事をお送りしているところですがまだまだです。
明後日のレッスンも全く進んでおらず、まずはレッスンの準備を優先させていただきたく思います。
明日はまた研修で出かけております。大変お待たせして申し訳ありませんがまだお返事の届いていらっやらない方、お返事を水曜日までお待ちいただきたく思います。
取り急ぎ今の時点でご予約がとれない方のみ先にご連絡させていただきたいと思います。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

◆カメラ特別講座のお知らせ
プチシトロンのレッスンではほとんどの方が携帯カメラやデジカメ・デジイチで完成したお料理を撮影されています。「なかなかおいしそうに撮れない」「どうやったらおいしそうに撮れるんだろう」そんな声をよく耳にします。

そこで、プチシトロンの生徒さんのクマザワ エミさんにご相談したところ今回特別にプチシトロンでカメラ講座を開催していただけることとなりました。

日程      4月7日  13:30~16:00(予定)
会場      料理教室PetitCitron内
人数      8名(プチシトロンの会員様限定)
レッスン料   5000円
持ち物     カメラ(一眼・ミラーレス・コンデジ)・取扱説明書・筆記用具
レッスン内容
なかなか思うようにカメラが使いこなせない、取扱説明書を読んでもよくわからない。
カメラ用語がわからない、もっと素敵に撮れるようになりたい・・・という方に。
今お使いのデジタルカメラでも、いつもとは違う写真が撮れるようになるコツを実践撮影と見本写真を交えながらわかりやすくご説明いたします。
*スタイリングの内容には触れません。

実践撮影
プチシトロンの生徒様限定講座ということで
被写体や見本でお見せする写真は、料理に関する小物中心の予定です。

講師profile
クマザワエミさん

短大卒業後、大手住宅リフォーム会社勤務
12年間の勤務の中で、営業企画部配属後の約4年間は
会員向け情報誌やホームページの制作管理、雑誌への実例紹介、
イベント企画などの販売促進業務を担当

広告制作に興味をもち、制作会社に転職
営業兼プロデューサーとして、住宅販売の広告制作全般に関わる

デジタル一眼レフカメラの購入をきっかけに基礎を学ぶ

退職後、2010年6月より
一般社団法人日本フォトスタイリング協会にてフォトスタイリングを学ぶ
ベーシック、アドバンス、インストラクターコース修了後
現在は、クリエイティブ研究科に所属。

************************

プチシトロンの生徒さんでもありますので土曜日にご参加の方はご存じの方も多いと思います。
そうですお姑さんといつもご参加されている方です♪
クマザワエミさんのブログをご覧になるとお写真の美しさや活動が伝わると思います。
ブログは→コチラ

ご予約は只今より開始です!
皆さまのご参加お待ちしています。
満席となりましたらHPスケジュールに満席の表記をいたしますね。
[PR]
by citron-kami | 2012-03-12 21:58 | 教室のこと | Comments(0)

こんにちは。
米粉特別レッスンを只今大盛況で終えたところです。

さて、今夜9日夜10時より会員様、明日10日朝10時より初めての方のご予約を開始いたします。
4月のメニューは
おもてなし料理の1コースです。
筍が美味しい季節です。旬の味を満喫しましょう。
‘筍御膳’でおもてなし。
筍の美味しさをお料理のあちらこちらにちりばめました。
◆筍と空豆の和えもの
◆筍の炙り焼き
◆メバルの煮つけ
メバルは別名「筍」です!
◆筍ごはん
◆吸い物
◆甘夏ゼリー
海の事情でメバルが仕入れられない場合は他の魚に代えさせていただくことがございます。

また4月7日はカメラ講座を予定しております。
こちらのご案内は12日にブログでさせていただきます。
お申し込みも12日夜10時スタートとさせていただきますのでご興味のあるかたは12日のブログをご覧いただければと思います。

10日、11日は東京ビックサイトで開催される豆腐フェアにてオリジナルのお豆腐料理を私、Citronが作って販売しております。是非、応援にいらしてくださいね。(1番下に詳細)

只今よりビックサイトに向かい泊まり込みで仕込んでおります。
自宅に戻るのは日曜日の夜遅くになります。
皆さまからのお申し込みメールをご確認させていただくのは月曜日となりますのでご迷惑いかけいたしますが以下の点、ご了承いただけますか。

・HPのスケジュールの更新ができません。よって、残席表示は先行予約時のもののままとなっておりますので、スケジュールでレッスン開催日をご確認いただいたうえ複数希望日をご記入いただければと思います。
満席の場合のご案内が11日以降となりますので第2希望、第3希望のご記入を必ず、よろしくお願いいたします。
・初めての方へ
毎月、会員様のご予約を1日前にいただき、10日10時の時点でお席がある場合に初めての方にご参加いただいております。
今回、予約日が出張と重なってしまい、スケジュールカレンダーの更新ができません。残席表示があるお席でもほとんど満席の可能性が高いです。毎月、新しい方のご参加は0~4名ほどですので参加可能なレッスンをできるだけご記入いただけますとご参加いただける可能性が高くなると思います。

◆豆腐フェアへお越しいただけるかたへ
東京ビックサイト会場内はとても広いです。
大きなイートインスペースがブースに囲まれてあります。
私はそのブースの真ん中あたりにおります。
「ドリーミア クラブ」のコーナーです。

こちらで私のお料理「イタリアン白和え」の販売をしております。
こちらは以前、豆腐レシピコンテストでグランプリをいただいたものとなります。

神奈川県を代表するおいしいお豆腐を使わせていただき、イチジクはこだわりのトルコ産白無花果をぜいたくにちりばめました。
朝早くから私自信が作っております。
是非、食べにいらしてくださいね。
売上金は材料費を除き、東北の復興支援に充てさせていただきます。
他のブースも皆さん同じです。

もし私が見当たらない場合はお近くのスタッフにお声掛けください。
飛んでいきます。
また、イベント内のおススメコーナーのご案内などもさせていただけますので
生徒さんはもちろん、ブログの読者のかたも是非お声掛けくださいね♪

では、ビックサイトに行ってきます♪
いらっしゃる方も、いらっしゃれない方も応援よろしくお願いします♪
[PR]
by citron-kami | 2012-03-09 17:14 | 教室のこと | Comments(0)

納豆工場見学

なにを隠そう、納豆が子どものころから大好物。
あの独特のネバネバ感。他にはない強い香り。
想像しただけでたまりません!
しかも納豆好きは山登りの趣味と同時にエスカレート。
山があるところには大抵畑があり、ご当地納豆があるのです。
日本全国行く先々で納豆を購入してはその地の味を楽しんでいました。
そうなると大量生産・コストダウンの納豆は普段から買わなくなり百貨店でこだわって作っている納豆を選ぶようになるものです。

食の仕事をするうえで今までもたくさんの畑などを回ってきましたが
今年は加工品の生産現場でも勉強の機会を作っていこうと思っています。

そこで第一弾に1番に大好きな納豆工場。
しかも神奈川県といえば!というほどの「鎌倉山納豆」でお馴染の野呂食品さんの工場をご案内いただきました。

c0141025_22112521.jpg

納豆と一言で言っても
大粒の大豆・小粒・超小粒。
その産地・種類もそれはすごい数なんです。
煮豆でおいしい大豆が納豆にしておいしいとは限らない。
発酵して完成の納豆は選び方も見た目ではわかりません。
野呂食品さんでは丹波の黒豆の納豆も作っているんですよ!
(写真の納豆はサンプルなので年度などは現在使用のものとは違うこともあります)
沢山の豆を前に遺伝子組み換え大豆のこと。
放射能のこと。
産地のこと。
たくさんお話を伺いました。
さすが野呂さん。納豆博士は大豆博士でもあります。

さて白衣を着ていざ工場へ!
全身白衣。長靴。マスク。帽子。手洗い。消毒。また消毒。
そう、納豆は菌が命。
他の雑菌に汚染されてはすべてが台無しになってしまうのです。
c0141025_22154668.jpg

いざ、工場へ!
大豆は選別機にかけられ丸いものだけがこちらに。
1日浸水された大豆。
とっても気持ちよさそうに大きくなっています。
手前にひき割りもありますよ。
水もとってもきれい。
この浸水時間を変えるだけで仕上がりもかわるそうです。
c0141025_22253168.jpg

大きな圧力なべに移されて蒸煮していきます。
そう、茹でるのではなく蒸すことで大豆の旨味は凝縮。なおかつふっくら。
とくに鎌倉山納豆の特徴のひとつであるドライな仕上がりには余分な水分はあってはいけません。
蒸しあがるとアツアツのうちに菌をかけます。
そう、これが納豆菌の接種です。
そうそう、ここが見たかった~!!

納豆菌を生産しているところは全国で3か所しかありません。
タイプは液体と粉。それらを希釈して接種していきます。
c0141025_22315881.jpg

蒸し上がりで菌を接種したところを早速味見させていただきました。
北海道スズマルは大豆の貫録が素晴らしい。高級で包み込むようなイメージです。
宮城シロメ。ふんわりやさしい味わいです。香りもやさしく甘みもしっかり。このまま煮豆にしてもおいしそう。
茨城納豆小粒。香りのインパクトが素晴らしい!鎌倉山納豆のイメージそのままです。これは煮るより断然納豆!
蒸し上がりをいただきながら「これが納豆になったら・・・」と頭の中はもう納豆でいっぱいです。
c0141025_22392714.jpg

納豆によってパック詰めになるもの。
カップ詰めになるもの。
経木に詰めるもの。
機械を使えるところは使いますが驚くほど人の手が掛けられています。
特に経木は手で納豆をのせて包んでからしやたれも添えて・・・すべて手作業!
これからはありがたくはがさなくては。

ネバネバになってからパックに詰めると思っている方が多いようですがパックに入ってから発酵なんですよ。

パック詰めのあとは金属探知機を通し、重さチェック。
ちなみにアクセサリーはもちろんシャーペンやホチキスなどは工場内持ち込み不可。
ここで納豆の温度を調整したらいよいよ発酵室に入ります。
c0141025_22465336.jpg

温度も一気に揚げるのではなく納豆が発酵する力を発揮できるように整えていきます。
そう、野呂さんは「納豆は発酵する力を持っているので発酵する環境を整えてあげるのが大切」とおっしゃいます。
ここまでくるのに沢山の方の手に掛けられて大切に大切に育てられていました。
発酵が完成するのは翌朝。
朝6時にチェックするそうです。
納豆屋さんって大変!

ご案内いただい野呂さんと。
私、納豆工場のパートさんみたいでしょ♪これにマスクしていました。
c0141025_22505650.jpg

工場は鎌倉山納豆本社売店の2階。
なのでご案内いただいた後はお買いものができるんです。
20種以上ある納豆から今回はコチラを購入しました。
納豆の紹介はまた後日させていただきますね!


鎌倉山納豆本社売店  神奈川県鎌倉市腰越4-10-8

鎌倉山納豆小町店   神奈川県鎌倉市小町2-9-7

是非、鎌倉・江の島方面にいかれましたら寄ってみてくださいね!

ネットショッピングもあります。
高島屋・東急百貨店・海老名SAなどでも一部商品扱っています♪
他にも購入できるところはあるそうなのでチェックしてみてくださいね!


本日ご案内いただきました野呂さん、ありがとうございました♪
そして社長さん始め、社員さん、スタッフさん皆さんとても温かく迎えてくださいました。
ありがとうございました。
そして普通では見学できないところをご紹介いただきました京都 久在屋さんの東田さん、ご縁をありがとうございました。

皆さんに心から感謝して、納豆美味しさを料理教室の皆さんにもお伝えさせていただきたいと思います。
[PR]
by citron-kami | 2012-03-01 23:04 | お勉強 | Comments(2)