<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

山梨のワイナリー

ずいぶん、ブログをお休みしてしまいました。
忙しく活動していた分、書きたいこともたくさん!
8月のレッスンまでの間はすこしゆとりがあるのでまたブログを綴っていこうと思います。
時々覗いてみてくださいね♪

先週のこと。
山梨のワイナリーに行ってきました。
昨年は5月と11月に。
今年は少し時期をずらしてぶどうの様子も含め見てきましたよ!
実はこれ、秋に予定している‘プチシトロンのワイナリーツアー’の下見も兼ねて♪
今回もソムリエと一緒。

今年はエリアを変え、勝沼エリアに。
勝沼は山梨のワイン作りの中心部でもあります。
勝沼エリアだけで32か所のワイナリーなあるのですから町中が
ぶどう畑でいっぱい!
c0141025_212157.jpg

写真のぶどうは
先がとがっているのがピッテロ。
垣根になっているのはカベルネ。
紙に包まれているのはワインではなく食用。
畑で作業をしている方を見つけてはいろいろと教えていただきます。
ひとつひとつ手作業。
ワインも食用もありがたさが伝わってきます。
畑の風景を1日眺めていても飽きないほどの美観です。

この日はワイナリーを3つ回りました。
c0141025_2181614.jpg

【ダイヤモンド酒造】
昨年、Restaurant Iで出会ったワイン。
とてもバランスがよく心に残っていました。
ワイナリーはとても小さく、プチシトロンの皆さんで回れる規模ではありませんでした。
ツアーでは回りませんが、美味しいワインをたくさん作っています。
勝沼は今2代目、3代目へ受け継がれています。
息子さんたちは率先してフランスや海外各地でワインの勉強をし、それを勝沼のみんなで報告し、勉強し、お互いを高めているのです。こちらのダイヤモンド酒造さんは息子さんの代になって、評判が上がってきているワイナリーのひとつ。
写真にはありませんが、試飲させていただいたワインビネガーが感動のおいしさでした。購入して家で使用してみましたが本当に素晴らしい!今度取り寄せをしますのでご興味ある方はご一緒に。
あっ、もちろんワインもいくつか購入♪
c0141025_2245389.jpg

【まるき葡萄酒】
こちらは老舗のワイナリー。
素晴らしい立地でテラスからは勝沼が一望できます。
どこよりも早く、今年のデラウェアを仕込んだというので工場を、タンクの中まで覗かせていただきました。
とても丁寧にご案内いただき、ワインへの愛情が伝わってきます。
1970年代のワインから購入可能というから驚きです!
私のバースデイワインもありました♪オールドビンテージの木箱に入っているのをみて自分の年代を考えてしまいました(笑)
国産のバースデイワインをお探しの方、めったにありませんよ。こちらならきっと実現します。
c0141025_2304823.jpg

【丸藤葡萄酒ルミエール】
一歩入るとフランスにいるような異国気分を味あわせてくれます。
オーナーさんのこだわりが随所に感じられます。
写真の特別な試飲ルームで試飲をさせていただけることになりました!
たくさんのワインに囲まれての試飲は想像しただけでも夢の時間です。
ワインの種類も豊富なのできっとお気に入りの1本に出会えます。

c0141025_2454851.jpg

【ぶどうの丘】
こちらはワイナリーではありません。
勝沼のワインを厳しく審査し、認められたものが並びます。
地下には広い試飲ルームがあります。
勝沼のおいしいとされるワインのほとんどが試飲できるんです!
プチシトロンのツアーでは行かれないダイヤモンド酒造さん他のワインもたくさん試飲できます。
お土産もたくさんありますよ。

プチシトロンのワイナリーツアーではおいしい食事も欠かせません!
料理教室のツアーですからね、そこは譲れないのですよ。
今回は勝沼のワイナリーのどこに行ってもおススメされたカジュアルフレンチレストラン「ミル プランタン」に行ってきました!オーナーソムリエの五味さんは銀座レカンや和食のお店でもソムリエを務めた方。
温かみのある内装はひと目でワイン好きとわかるもの。
ワイン好きにはたまらない雰囲気を醸し出しています。
c0141025_2394199.jpg

ランチの設定はtぽてもリーズナブル。
山梨の旬の食材をたっぷり使用したフレンチ。ワインは山梨はもちろんフランスなど世界のワインが集まっています。お料理に合わせてワインを選んでいただくのがまた楽しい。
この秋のツアーのお願いもしてきました♪
絶対皆さん喜んでくださるお店です。

今回、プチシトロンのワイン会をお願いしているソムリエと1日勝沼を歩き、今年のワイナリーツアーのプランを立ててみました♪

9月19日(祝・月)
貸切バスでたまプラーザから勝沼へ
ワイナリー巡り     丸藤葡萄酒ルミエール

ランチ    ミルプランタン

ぶどう狩り

ぶどうの丘にてお土産購入。希望者は有料にて試飲。

朝7時台集合、夜20時頃解散の予定です。
参加を希望される方はぜひ、予定をあけておいてくださいね!
8月9日夜10時の9月の予約の受付と同時にこちらも受付を開始いたします。
その時にお値段なども出せるようにしておきます。
もうバスも、ワイナリーもレストランもぶどう狩りもすべて予約してあります♪
せっかくなので、たくさんの方にご参加いただけたら嬉しいです。楽しい秋の一時、ご一緒しましょう!
[PR]
by citron-kami | 2011-07-30 02:38 | お知らせ | Comments(0)

8月のご予約もたくさんの方にご希望いただき、ありがとうございました。
お料理を通して、皆様と楽しい夏をご一緒できることを嬉しく思います♪

大変お待たせいたしました。
只今、皆様へのお返事が終了いたしました。
もし、ご予約をしたのにお返事が届いていらっしゃらない方がいらっしゃいましたらご連絡をお願いいたします。

**********************
梅雨が明け、昨日日曜日は湘南の海に行ってきました。
やさしい夏の日差し、海の風か心地よく、水着は着ませんが笑、夏の気分を満喫してきました。

また、本日はプチシトロンの生徒様と浴衣の着付けレッスンに参加して参りました。
今まで見よう見まねで着ていた浴衣。きちんと教えていただくと、すっきり!
今までごわごわしていたところがなくなり、とっても動きやすい♪
家に戻って、忘れぬうちにと、早速、着てみましたよ。
うん、まだ忘れていない♪
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!
記念に写真を撮ればよかったですね!
[PR]
by citron-kami | 2011-07-11 20:14 | 教室のこと | Comments(0)

いよいよ梅雨明けとなりました。
夏本番です。
どんな夏にしましょうか!記憶に残る夏にしたいですね。

今夜9日22時より会員様、明日10日朝10時より初めての方の8月のレッスン予約・夏の親子パン教室のご予約が始まります。

8月は新しいメニューをお休みし2年前のおうちごはんのニューを2つピックアップしました。どちらも人気のあったメニューです。2年以上通われている生徒様はメニューが重複しないよう、お確かめください。写真などHPに記載しています♪
新しいメニューは9月に予定しています。プチシトロンオープンからの生徒様、8月9日のご予約まで少しお待ちください。

◆8月4・5・6日   おうちごはん  ハンバーグ!
2009年6月のリクエストメニューです♪
・さっぱりトマスープ
鶏ガラからスープを作ります。
・シーザーサラダ
ポーチドエッグやクルトンも自家製の本格派です。
・チーズinハンバーグ
中からチーズがとろけるハンバーグ。家庭料理の基本、しっかりマスターしましょう。ジャガイモのミニグラタンもつきます。
・パインシャーベット

◆8月11・12・13日 おうちごはん アジアンメニュー!
2009年9月のリクエストメニューです♪
・アジア風春雨スープ
・ヤムヌア
牛肉とパクチーを使ったさっぱりとしたサラダです
・海老トースト
海老のすり身をパンと一緒に揚げます
・ナシゴレン
甘辛いアジア風味のチャーハン
・フルーツとブラックタピオカのチェー

◆親子パン教室
夏休みの私のお楽しみイベント♪
親子パン教室の季節が今年もやってきました!
「ハンバーガー」
ハンバーグから手作り。
パン生地も手ごねです。作る楽しみがいっぱい。
こちらも過去に登場したメニューですので、過去に受けた方で参加ご希望の方は2組の貸切で別メニューに変更することができます。
・料金  親子で5000円
・対象  プチシトロンの会員様親子
      初めての方はご遠慮ください。
      生徒様と姪っ子様もOK!
・お子様の年齢  小学校1年生以上上限はありません。男の子・女の子どちらもどうぞ。
・お申込み お子様のお名前(ふりがな)、学年、ご記入の上、お申し込みください。
        食物アレルギーがある場合はお知らせください。
・ご兄弟のご参加はご相談ください。

***********************************
◆お願い
・お申し込みはHPよりお願いいたします。
・複数のコースへのお申し込みも可能です。
・参加可能日が複数ある場合は複数ご記入いただけますと、満席の際のご予約が取りやすくなります。
・初めての方はHPをよくご覧の上、ご予約をお願いいたします。
・お返事までに3日ほどいただいております。ご了承ください。皆さまへのお返事が終わりましたらこちらのブログにてご報告させていただきます。

夏のプチシトロンでお会いしましょう♪
[PR]
by citron-kami | 2011-07-09 21:10 | 教室のこと | Comments(0)

プチシトロンのホームページのトップページをリニューアルしていただきました。
じーっとみていると、写真がかわります。
今までのレッスンで作ったお料理がくるくると。
懐かしい写真ばかりです。是非、ご覧ください♪

7月のレッスンキャンセルのお知らせ
◆7月 9日土 11時~  2席
◆7月16日土 11時~  1席
◆7月11日月 13時~  ゆかた着付け  1席
人気の桃のパスタ~♪
c0141025_2213073.jpg

メニュー数は少ないですが旬の素材をたっぷり使用した贅沢なレッスンです。
[PR]
by citron-kami | 2011-07-07 22:13 | 教室のこと | Comments(0)

山形県、月山の初夏の味。
月山筍を送っていただきました。
関東で筍といえば春の味覚。2月ごろから九州産のものが店頭に並び始め、私の住む横浜では4月~5月はじめは旬。
東北で筍といえば形はスリムで初夏の味覚。
ねまがり筍という種類になります。その中でも月山の筍は月山筍と呼ばれ、香りが豊かで甘みがあります。
今回はこの貴重な月山筍を月山ふもとの温泉宿、つたやさんに送っていただきました。
c0141025_1992688.jpg

なんともいえない色、姿。
さわやかな香りが新鮮な証拠です。
灰汁が少ないので下ゆでせずに炒めたり焼いて食べることもできます。
毎日、楽しくお料理していただきました♪
c0141025_19105745.jpg

和食の定番。
てんぷら、煮物、焼き筍、お吸い物。
てんぷらは香りを閉じ込めてなによりのごちそう。木の芽塩を作って添えます。
煮物はつくねと。つくねの中にも粗みじん切りの筍のかたい部分を入れて歯ごたえを。
焼き筍は写真のように皮をむいてグりエの他に皮を付けたまま蒸し焼きにもしました。蒸し焼きのほうが風味がよかったです。
c0141025_19142754.jpg

パスタにもよく合います。
筍独特の苦味は生ハムやアンチョビと相性抜群。生ハムのペペロンチーノ。
八丁味噌で仕上げた和風のミートソースにもシャキシャキと炒めた月山筍。
つたやさんお勧めの月山筍ごはんはしらたきと油揚げ入り。こちらも美味しい♪
c0141025_19171073.jpg

保存もできます。
茹で筍にしておくと便利♪
ピクルスにはハーブやスパイスもたっぷりと。
オイル漬けはそのままサラダにいれても。

ほかに回鍋肉、肉巻きでも楽しみました。

旬の素材をこんなにたっぷりいただけるって、幸せです。
来年は月山筍を狩りにいく計画を立てています。
楽しみです!
皆さんも、どこかで見かけたら是非、召し上がってみてくださいね。
[PR]
by citron-kami | 2011-07-06 19:19 | おうちごはん | Comments(0)

味噌・醤油・ぬか漬け・粕漬け・酒・酢・・・
日本人は古くから発酵食品に恵まれた暮らしをしています。発酵食品のない食生活は難しいくらいです。
これは海に囲まれた島国の高温多湿の風土独特の食文化なのです。世界各地でその風土にあった発酵食品がありますが日本独自の文化は日本人の身体に必要なものなのです。先人の知恵はすごいですね。

食文化がすっかり欧米化となった今でも日本人の身体は発酵食品を欲しています。
生まれ育った風土にあった食というものが必要なのです。
今一度、食生活を見直そうと、今、麹がちょっとしたブームになっています。
しかし、それは正しいのかな?
麹の摂取として有効なのかな?
麹は生き物。
その答えが知りたくて今回、発酵食堂 豆種菌の甘酒教室に参加してきました。講師は発酵王子で今、マスコミに引っ張りだこの伏木 暢顕さん。この方にも一度お会いしてみたかったんです。

参加者は10名。
ホワイトボード・レジュメを前に2時間半の講義で始まります。
まずは発酵とは。
そして発酵が人に与える効果。
発酵の種類・・・・
発酵王子は慣れた語り口調で次から次へと講義を進めていきます。

そして今回は甘酒作りとその活用。
甘酒は砂糖を使わずに、麹と水だけで作ります。
初詣にふるまっていることが多いのでアツアツをいただく冬の飲み物と思っている方もおおいようですが、本来甘酒は夏の飲み物。夏の季語にもなっているんですよ。

そして完成した甘酒をいただきます。
アレンジも自在でフルーツ甘酒各種や玄米甘酒・野菜甘酒・・・
自然な甘みに驚きます。
これを毎日少しづつ摂取すると、まずは腸の調子が整います。
でも実際、毎日飲むのは難しいですよね。
お料理にも大活躍です。
今、はやりの塩麹と同じイメージで使いまわせます。
発酵王子いわく、今出回っている塩麹は塩分が強く麹が死滅してしまうと。また、食材に麹の効果を求めるのであれば和えて食べるというのは効果を発揮できないと。
耐塩濃度がおかしいな、と思ってこの講座に参加を決めたのですがこれで問題解決です。

私は野菜も魚も肉も酒粕で付けたり、西京漬けを作ることが多く、いつも冷蔵庫に味噌床がありますので使い方は同じ。保存の過程の目に見えない菌がどうなっているのか、知りたかったのですが、こちらも解決♪

王子独自の理論もおおいので賛否ありそうですが、納得できることが多かったです。さすが発酵王子!

講義の後は希望者でランチ会。
もちろん申し込みました。以前、プチシトロンの生徒さんがお食事にきて「先生が好きそうなお店だから絶対行って!」とおススメされていたお店でもあるのです。

ここで初めてカメラ登場。講義中はなかなか真剣ムードだったので。

c0141025_21415662.jpg

古米の甘酒をさらに発酵させて作ったドレッシング。ほどよい酸味と甘みです。
魚介類は甘酒や醤で漬けこんであります。身が締まって風味がよく、お酒がすすみます。
そうなんです。1杯つくのですよ~。お茶と日本酒3種から選べるのです。今回のお料理は絶対日本酒と言われ、普段日本酒は飲まないのですが1センチだけ注いでいただいて舐めながら(笑)
塩辛などは塩で漬けると時間がかかりますが麹で付けると麹の働きで1日でできるとのこと。それがおいしいんです。
c0141025_21455119.jpg

こちらは岡山の郷土料理「とどめせ」バラちらしの原型で炊き込みごはんにどぶろくをかけまわしたもの。
どぶろくが飲めない私は、かなり不安があったのですが、不思議な酸味がご飯と合わさりよい風味に変わります。ここに生醤油をかけるとまたおいしい。おかわりする方、続出でした。
王子と言うより、和尚といったほうが似合う風貌と思うのは私だけでしょうか。

ふつうの勉強会とは一味違った、ちょっと不思議な世界。
楽しく、充実の内容でした。
次回はお醤油作りに参加してきます。お醤油、作ったことないんです♪楽しみ。
[PR]
by citron-kami | 2011-07-02 21:50 | Comments(0)

6月30日。
プチシトロンではチャリティークッキーの会を開催いたしました。
3月11日の大震災から間もなく4カ月になろうとしています。
復興はなかなか進まず、避難所で生活される方もまだたくさん。

それでもテレビでの被災地の状況の報道は少なくなってきています。
私たちの意識も薄れないよう、しっかり継続していきたいものです。
そんな意味でも月に一度くらい、生徒さんたちと被災地の方に心をこめたクッキー作りを続けていきたいと思います。

被災地の状況、求められるものも月日とともに変化してきます。
今までチームむかごさんに送らせていただいていた支援物資の流れがなくなり、今回から直接被災地のボランティアセンターに送ることとなりました。送り先の把握に時間がかかってしまい、直前に「中止です」「やはり送り先が見つかったのでやることになりました」と、皆さまにはご迷惑をおかけしてしまいました。

今回は2部に分かれクッキー作りを行っていきました。
c0141025_19225025.jpg

人数がすくないので写真を撮る余裕もあまりなく・・・
前回のブログでイメージを→ target="_blank">前回のブログ
合皆さんで協力して計200枚のクッキーを焼きました。
袋に詰めると35袋。オーブンが一台なので限りがあります。
本日責任をもって宅急便で送らせていただきました!
今回の送り先は
岩手県遠野のボランティアセンターです。
大きな避難所ですと、このような小さな品はまぎれてしまい、配ってもらえないこともあるようです。
ボランティアの方に直接送ることで手の届きにくい小さな避難所に手渡ししていただけるとのことでした。
甘いものを一口食べて。口の中にバターの香りが広がって。ほんの一瞬でもほんわかした気持ちになっていあだけたらと思います。
皆さんの想い、届きますように♪

次回、9月に予定しようとしております。状況によってはなくなることもあるかもしれません。

************************************

日々のレッスンでも生徒さんと被災地の話。原発への不安。
話題に上ることは多いです。

先月になりますが茨城の農家の方や自然エネルギーの専門家などの勉強会に参加して参りました。もちろんテーマは震災後のことについて。
農家の方は風評被害について。茨城の旅館の方も。勉強会にいらしていた方は前向きに一山乗り越えた方ばかりでした。乗り越えるにあたってはかなり情報を集められたようです。また、自然エネルギーを呼び掛ける方も。とりあえずそれぞれの立場から本音をみんなに伝える。そんな会でした。
考え方は人それぞれ。それでもみんなでいい方向に向かって歩んでいかれるようになるといいな、と思っています。

自分にできることをしっかりがんばろう。
自分だけのことでなく、みんなのことを考えながら。
[PR]
by citron-kami | 2011-07-01 19:37 | 教室のこと | Comments(0)

料理以外のならいごと♪

久しぶりにお料理以外の習い事にお出かけしてきました♪

というのも・・・料理教室をする!!!
と決意をしてからは、できる限りの時間とお金をお料理に費やしてきました。
レストランや料理教室に勤めて、休みの日はすべて料理教室の日々。
夫婦で出かける時間もほとんどありませんでした。
料理や食に関する勉強はまだまだ必要で今も続けていますが
教室が軌道にのった今、自分自身の経験を増やして生活の充実を目指していこうと、様々なことにチャレンジしようと思っています。
今回はずっとやってみたかった‘カルトナージュ’に挑戦してきました♪
じゃーん!私の作品です。
c0141025_23583455.jpg

蓋をあけると
c0141025_23591227.jpg

今回は単発のイベント。楽しみに参加してきました♪
会場はクレイフラワーのサロンを主宰している‘ローズケーキ’さんのご自宅。ローズケーキさんはプチシトロンの生徒様でもあります。先生はアトリエボンボ二エールの田島佳代子先生。経験豊富で、とても優しい先生に場もなごみます。
生徒さんは6名。初めてお会いする方ばかり。あっ、プチシトロンの生徒様もいらしてました(笑)
カルトナージュは紙に布を貼り、様々な形に仕上げていきます。
今回は小物入れ。
箱から作るんではないんですよ~。
なんとこの箱1つに14枚の紙を使っていきます。(今回は紙と布は先生がカットしてご用意くださいました。)
それぞれの紙に丁寧に布を貼り、ひとつのパーツに。それをひとつずつ貼り合わせていきます。
使うのはのりだけ。

もくもくと貼ること3時間。
好きな時間ですね~。
おしゃべりしながら作るって楽しい。
どんどん形ができてくると愛おしさが・・・

こちらはご一緒した方々の作品。
皆さん同じ布を選びましたがタッセルが違うとこんなにイメージがかわります。
蓋の仕上げが私と違う平らなタイプ。
c0141025_0283.jpg

リバティ好きな私にたまらなかったのがこちらの作品。
タッセルの色、素材も素敵~♪
c0141025_034628.jpg


カルトナージュの技術をマスターすると、自分のイメージにぴったりなサイズとデザインのものが作れるんですね。素敵な世界です。
以前、プレゼントに作品をいただいたことがあるのですが、そのありがたみが実際に作ることで今更ながら感謝倍増です。

夫の反応は・・・
食べ物でないので興味ないと思ったのですが
意外にもよく、「俺もやりたい」と。
そういえば以前は設計の仕事をしていたので細かいこと好きだったのね。
先生、メンズクラスもぜひ(笑)

楽しいひと時を過ごさせていただきました。
田島先生、丁寧なご指導ありがとうございました!
ローズケークさん、貴重な場をありがとうございました♪
カルトナージュ、はまりそうです・・
[PR]
by citron-kami | 2011-07-01 00:09 | Comments(0)