「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

プチシトロンを始める前に大手の料理教室に勤めていました。
本当に教室を始める1か月前まで。
今日はその時の同僚の先生が遊びに来てくれました~♪
airちゃんrukkoちゃん

お二人とも今は教室を退職し、お料理の世界で活躍しています。
rukkoちゃんは1歳の男の子のママですが早くもお仕事復帰!
ご自宅でアジア料理の教室をはじめたそうです。rukkoちゃんとは実は初対面。
自宅教室のちょっとだけ先輩の私に会いに来てくれました♪

お茶の時間。
1歳の子も食べられるように・・
まだあまりクリームとかは食べさせたくないかな。
と・・・シンプルにメープルシフォンケーキを焼きました。
c0141025_19275972.jpg

写真は大人用。
お子様用には小さく切ってクリームなしに。
フルーツかケーキどちらかお口に合えばばいいなと思って。

お互い料理の世界の夢や迷いなどなど・・・
話すことはつきません。
自宅で教室を始めたばかりというrukkoちゃん。仲間ができて嬉しいです。
今後もよろしくお願いします♪

お土産もたくさんいただいてしまいました。
c0141025_19495596.jpg

レモンのビネガー♪
イエローのお花♪
どちらも私のイメージで選んでくださったそう。
とっても素敵な贈り物。ありがとうございます。
ケーキもいただいたので・・・
そちらの写真はまた次回のブログのお楽しみに。

airちゃん&rukkoちゃん今日は楽しい時間をありがとう!
次回は夜の女子会を計画しましょう~♪
[PR]
by citron-kami | 2011-01-31 19:34 | おやつ | Comments(4)

新宿伊勢丹で開催されている
~パリ発、チョコレートの祭典~「サロン ドゥ ショコラ」
に行ってきました!

お菓子の中で一番好きなのは迷わずショコラ♪
毎日一チョコ欠かせません。
それもスーパーのものでは満足できなくてチョコレート屋さんが作ったものでないと癒されない・・・
そんなチョコレート好きな私ですが毎年この時期は忙しく初参加です。

土曜日。お昼のレッスンの後、食育のセミナーの参加し、1時間時間ができたので急いで新宿伊勢丹へ!
会場はすごい人でした。
とりあえず一周ぐるりと回って様子を見ます。
昼食をとれなかったのでイートインがあれば・・・と期待していたのですがもう7時半でしたので閉店(涙)
しかし・・・
ピエールマルコリー二が焼き立てのワッフルを販売しています。
皆さんその場で食べているので私もひとつ。
c0141025_1934731.jpg

ベルギーワッフルといえばお砂糖使いで甘いイメージですがこちらはカカオの香りが深く、甘くないワッフル。
そこにトロンとチョコレートをかけていただきます。
カカオの余韻が長く、すんなりと身体に入っていく上質なおいしさ。もうひとつ食べたいくらい大好きな味でした♪
さあ、お買いものemoticon-0115-inlove.gif
下調べをしていなかったのでどこに行ってよいのか迷います。
人気の商品は品切れも多く、きっとこれが目玉なお店なのねというところが何店舗かありました。
ひときわ目立った行列はサダハル アオキさん。ご本人がいらしてファンの方お買い上げしては握手をしていました。行列の半数は男性。若きショコラティエでしょうか。アオキさんおお菓子は通常伊勢丹でも購入できますが今回限定のものもいくつか。チョコロンだったかな。チョコレートのマカロン食べたかった・・・
行列ももう打ち切られ断念emoticon-0106-crying.gif

それでもいくつか購入したのはこちら。
c0141025_19103324.jpg

VESTRI イタリア フィレンツェのお店
イタリアのチョコレート結構好きなんです。いつもお願いしているチョコレートの味に似ていたので
迷わず購入♪
プラリネの香ばしさ、クリーミーなやさしい味。しっかりカカオの香りも感じます。
私がチョコレートをおいしいと思う視点はカカオの香りの深みと余韻。
そして後味がすっきりしていること。重たーく胃もたれして香りがないチョコレートはNG。
早速いただきました~!
私はもちろん、夫も大絶賛でした♪
一足早いバレンタイン♪
c0141025_19153561.jpg

Occitanial 麻布台にあるフランス菓子専門店
この見た目に一目ぼれして購入。
WPTCで受賞しhた作品を選びました。
一粒の中に計算された様々な味わい。
チョコレートというより一つのお菓子だと思っていただくといいかもしれませんね。
しばらく眺めて宝石のような美しさを楽しんでからいただきました♪
c0141025_19211251.jpg

VALRHONA ヴァローナのチョコレートを使っているというだけでお菓子を買ってしまうくらい大好きなチョコレート。カカオの香りを楽しむ一箱を♪
カカオの種類が全部違うんです!これは日持ちもするのでゆっくり食べ比べを楽しみたいと思います。

毎日少しづつ、コーヒーと一緒に楽しみたいと思います。
幸せ~♪
チョコレートは冷蔵庫に入れず、舌の上でとろける温度がおいしくいただけます。
17度くらいかな。この時期であれば暖房のないお部屋に置いておけばOK!

チョコレート好きにはたまらないイベント
1月31日までです。あと1日ありますのでお時間のある方、チョコレートが大好きな方。
ぜひお寄りくださいね!
バレンタイン用をお求めの方は賞味期限をお確かめください。
お菓子を手作りする方は・・・5階のキッチンフロアもぜひ♪
センスのよいインポートのラッピングがそろっています。
私もいくつかお買い上げ。私が伺った時間はお菓子研究家の加藤千恵さんがいらっしゃいましたよ。

ヴァレンタインシーズン。
プレゼントするのも自分用に買うのも楽しい季節、楽しみましょう!
[PR]
by citron-kami | 2011-01-30 19:28 | おやつ | Comments(0)

焼豚仕込み 香港流

秋に訪れた香港で食べた焼豚。
c0141025_1530535.jpg

時々無性に食べたくなります。
強いスパイスの香り。香味野菜の香り。しっとりした肉質。
赤く仕上げた肉の周りは甘い飴がけがしてあって・・・
今まで作っていた焼豚とはたれの味と最後の飴がけが大きな違い。
どちらもおいしいけれど最近は香港流が食べたくて。
作ってみました。
c0141025_15312519.jpg

半日、たっぷりのスパイス・香味野菜を配合したたれに漬け込みます。
本場では専用の窯につるしてやきますが家庭ではオーブンで。
焼き上がってから水あめなどで作った飴を絡めて表面が乾くまでつるしておきます。
初めはぽたぽた飴が落ちてきて次第にやさしく固まっていきます。
香りとうまみを閉じ込める。なんて素敵♪
c0141025_15343192.jpg

たっぷりのパクチーを添えていただきました。
しっとりスパイシーなお肉は病みつきになります。
夫も「香港の味だ!」と。
一番のほめ言葉ですね。

旅の味を思い出して作るお料理はとっても楽しい。
本場の味、いつまでも忘れないように旅の思い出とともにしっかり記憶しておきたいものです。
[PR]
by citron-kami | 2011-01-28 15:36 | おうちごはん | Comments(0)

今月のレッスン風景


1月のレッスンも残すところ3回となりました。
今月は「おうちごはん」です。
教室を始めたころはまだ生徒さんも少なかったので2週間ごとに「おうちごはん」「おもてなし料理」を繰り返し1か月に2コース行っていました。
現在は生徒さんも増え、1か月に1コースをじっくり行っています。今年からお料理教室を始めよう!という方よりたくさんのお問い合わせをいただいておりますのでちょっと説明させていただきました。

おうちごはんもついついレストラン風になってしまい、「おうちごはん」「おもてなし料理」の境がわかりにくくなっていました。2010年の反省。そこで2011年はおうちごはんは、家族に食べてもらいたいもの。身体によい素材であったり、きちんと押さえておきたい定番メニューであったり、私が日々工夫して作っている家庭料理をご紹介しようと思います。おもてなし料理は身近な素材をつかいますがちょっとおしゃれに、目指せおうちレストラン♪こんなイメージです。
変更したわけではないのですがちょっと頭を整理してみました。

で・・・今年初めのおうちごはんです。
c0141025_17354073.jpg

新しい年の幕開けは元気に。
一見おしゃれに見えますが・・・
良く見ると家族の健康を思いやる愛情メニューなんです。
(おもてなし料理ではレストランのように一皿ずつお出ししますがおうちごはんはみんなで盛り付けて一度にお出しすることも)
c0141025_17375076.jpg

◆オニオングラタンスープ
チキンブイヨンから手作り。飴色玉ねぎのパワーで身も心も温まる愛情スープ♪
◆さつま芋とリンゴのサラダ
今回はスープに力を入れるのでこちらは驚くほど簡単。
ビタミン&食物繊維たっぷりの野菜をそろえてみましたよ。
さつま芋は秋の野菜のイメージが強いかもしれませんが、収穫から少し置くことで糖分を蓄えてぐっとおいしくなります。まだまだ旬なのです。香ばしいアーモンドがポイント!
◆くるくるロールチキンのきのこトマトソース添え
ヘルシーな鶏の胸肉で雑穀とレンズ豆を巻いていきます。
胸肉をしっとり仕上げると本当においしいもの。今回はオーブンを使わずにフライパンひとつでお手軽に仕上げます。今までなんとなくしていたという方の多い「観音開き」をマスターしましょう。
◆いちごのブランマンジェ
いちごがおいしい季節になりましたね~。ソースから手作りです。
簡単&おいしいデザートはいくつレパートリーがあってもいいですね!

家族の健康を第一に考えたメニューで寒い冬も風邪知らずで乗り切ってくださいね!
[PR]
by citron-kami | 2011-01-27 17:51 | 教室のこと | Comments(0)

現在、パスタのお勉強をさせていただいているところは二つ。
一つは自宅で作ることを想定したお教室。
そしてもうひとつはレストラン使用のお教室。
今日は後者をご紹介しますね!

九段下のイタリアンレストラン トルッキオ
2年ほど前に一度に9種も手打ちパスタを教えていただいたのが初めてのシェフとの出会い。
シェフの著書ディープパスタをバイブルとして使っていたのでこのレッスンは夢のようでした。
とても穏やかで、パスタに愛情がある方。やさしい口調でも鍋の中を見るまなざしは鋭い。
そんな 林 亨シェフの虜になりお店にも伺いました。自分でパスタを打っては疑問ができるとお伺い。
それからしばらく間があいて・・・
昨年の夏、イタリアンのイベントに出演が決まった時。
自分の料理にちょっと迷いがあったんです。おいしいのとイタリアらしいのは違う。そこで再びシェフのもとへご相談。この時期1週間に2度も伺ったほど、頼れるシェフ。
私も料理研究家ですからレシピを教えてくださいということはもちろんなく、迷ったところやニュアンスを聞いていただいていました。御蔭で自信を持って初のイベントを迎えることができました。
イタリアンもパスタもまだまだ学ぶことがあるなと想い、シェフのパスタ教室に通い始めました。まだ半年。

毎回20人前ものパスタを作ります。その量が半端ない。私は家では多くても10人前。それでも女性としては力はある方ですよ。この量の生地を参加者で力を合わせてこねあげます。
合わせるソースはシェフ独自の哲学が詰まっています。旬の素材にあわせてパスタの配合も変えていきます。
同じ名前のパスタでもシェフはパスタがソースに歩よりソースはパスタに歩より。
手間暇かけて「イタリアンはシンプル」という一般的なイメージを覆してくれます。

前菜・デザートも教えていただき、お腹いっぱい食べさせていただける夢のようなレッスン。
参加者は毎回15人前後。男性が3割くらいいるかしら。イタリア店勤務の若いコックさんからイタリアマニアの叔母様までとても幅広い。自分のレベルに合わせて習得し、質問できるので楽しい♪
パスタを作ったことのないかたは難しいとおもいますが一通り作れる方がレストランレベルにチャレンジ!というのはいいと思います。
9月から教えていただいたものを忘れないように・・・
c0141025_0203110.jpg

◆ローマ風コッパ
◆いろいろ茸のタヤリン
◆スイカのスープカンパリ風味
ピエブルー、プルロット、ピエモンテのポルチーニに日本の茸も5種加えました。
ヨーロッパの茸は薫り高く大好き。タヤリンはピエモンテのパスタで卵黄だけで打ち込みます。
キシキシとした独特の歯ごたえが茸とよく合います。
コッパはいろいろなレシピがありますが、これは私の大好きなレモンがたっぷりでお気に入りレシピです。
c0141025_0215729.jpg

◆海の幸のフリット
◆鶏とたっぷり野菜とオリーブの煮込み和えトレネッテ
◆スフォリアテッレ リッチェ
トレネッテは私がイベントでご紹介した思い入れのあるパスタ。手打ちにするときはキターラを使えば簡単。
前月の卵黄の生地と正反対の配合です。
スフォリアテッレは初めて作りました。成型をやりますが思ってよりするすると伸びて
きれいにできました。生地を長く伸ばすのが大変!
c0141025_0243299.jpg

◆パルミジャーナ
◆イカ墨を打ち込んだタリオリー二
◆洋ナシのタルト ザバイヨンソース
シェフのイカ墨使いは天才です。お店でも市販の墨を使うところが増えている中、シェフは墨いかから毎朝取り出します。新鮮な墨の香りは本当によいものです。イカ墨の甘みと贅沢にたっぷりいれるタラバガニのソースは自宅では再現不可能のおいしさです。
c0141025_0261583.jpg

◆かじきの詰め物ロール巻き
◆蝦夷鹿とりんごの煮込みソース和え ウンブリチェッリ
◆プロフィッテローレ
もっちもっちの食感が楽しいパスタ。ジビエが解禁になり、北海道より蝦夷鹿を取り寄せて。こういったお料理は命を大切にいただこうと思います。鹿とリンゴのソースは絶品!
イタリアのクリスマスにちなんでのドルチェは中にアイスが入っています。これはすぐに自宅で再現しました。
c0141025_0275021.jpg

今年初めのレッスン。
顔を真っ赤にしていたらいつの間にか写真を撮ってくれていました(笑)
このハンドル、重いんですよ。ハンドルを回すと生地が下から出てきます。
トルッキオの店名にもなっている道具で作るビゴリはお店の看板メニュー。
c0141025_0292711.jpg

◆ポレンタのマスカルポーネチーズ添え
◆山鳩と茸、オリーブ和え 全粒粉のビゴリ
◆ババ
最近ポレンタ炊いてないな~と思い出しました(笑)
鳩好きにはたまらないソース。濃厚なソースに合わせてビゴリは全粒粉。以前はプレーンのビゴリも教えていただきましたがこちらの香りも濃厚でおいしいです。


毎月楽しみにしているレッスン。
残念ながら3カ月ほど都合が付かずお休み。
春になったら絶対復帰しますので皆さん、待っていてくださいね!!!
[PR]
by citron-kami | 2011-01-26 00:46 | お勉強 | Comments(0)

今日は大寒。暦通り寒い日が続いていますね。
今夜は、夜のレッスンをお休みしてお勉強に出かけていました。暖かくして出かけましたがしんしんとしみこむ寒さです。
こんな夜、家に帰ってこんなスープがあったら嬉しいものemoticon-0115-inlove.gif
c0141025_23503438.jpg

今月のレッスンで作っているオニオングラタンスープです。
素材は玉ねぎ・バケット・グリュイエールチーズ・チキンブイヨン。
とってもシンプルな材料ですが愛情たっぷりなんです。

コトコト・・・
鶏ガラと香味野菜・スパイスでチキンブイヨンを取っていきます。
c0141025_2354819.jpg

時間をかけてとるブイヨンは本当においしい。
市販の味とは違う身体にしみこむおいしさです。

玉ねぎは飴色に炒めてコクと甘みを最大限に引き出します。
c0141025_23544789.jpg

こんなきれいな飴色にまるまで時間をあけてじっくりと。

豪華な素材を使わなくても愛情かけて作るスープは本当においしいもの。
1月のレッスンでご紹介しています。寒い夜にぜひ、大切な方に作ってあげてくださいね。
レッスンでは手作りチキンブイヨンを味見し、そこに玉ねぎを加えたスープを味見し。
素材の味、変化をしっかり舌で確かめていただいています。
感動のお味ですよ♪

******************************

今月のレッスンにキャンセルがありました。
1月21日(金)19:00~「おうちごはん」
1月22日(土)17:00~「おうちごはん」
ご連絡はHPよりお願いします。
[PR]
by citron-kami | 2011-01-21 00:00 | 教室のこと | Comments(4)

新しい年。
ちょっと周りを見回して見ました。

プチシトロンには毎日たくさんの生徒さんがいらしてくださるのに、コート掛けがないのがずっと気がかりでした。1年以上前からインテリアショップに行っては探していました。

インテリアに馴染むもの。
通常は自宅なのでリビングは見るからに教室使用にはしたくないというのが本音。
なので移動ができるものないかな・・・
とくにコート掛けは使用するシーズンが年の半分もないので、あまり高価なものもNG.
普段は私のクローゼットに入れておいてレッスンの時間だけ出せるような。

たくさんのお店を見て、結局決めたのはIKEA。
c0141025_15212945.jpg

うんしょ、うんしょ、と毎朝リビングに運んでおります。
これで生徒さんのコートがしわにならなくて済むようになりました♪
帽子もマフラーもかかりますよ。

そしてもうひとつ。
年末、大掃除を頑張ってキッチンをピカピカに。
そしたら洗いかごが気になって。
以前の洗いかごは購入して1週間で錆が出始めて。
毎日きれいに洗ってもどうもすっきりしない。
1年半。我慢して使いましたのでさよならすることを許してね。と潔くさよなら。
c0141025_15282680.jpg

新しくやってきたのはla base。のもの。料理研究家の有元葉子さんデザインのスタイリッシュなデザイン。
水が下にたまらず直接シンクに流れるようになっています。
半月使用してみて・・・
これ、いいです。
通常の洗いかごは上の食器をすべてかたずけなくては水受けを洗えませんでしたがそのまま引き出せるのでいつでも洗ったりふいたりできます。高さがあるので水切りがよく、かごに入れた食器の乾くのが早いこと。
新品の映像はよく見かけると思いますので使用中のものを。これでミニサイズです。

新しいグッズに囲まれて、また楽しくレッスンをしていきたいとおもいます♪
[PR]
by citron-kami | 2011-01-19 15:30 | 教室のこと | Comments(0)

日曜日。
ケーキを買いに行きました。
散歩の途中で立ち寄ったのは「ディフェール」

ディフェールに行くのは実に3年ぶり?もっと間があいているかも。
全国のスイーツファンに名を知られるたまプラーザの名店。
しかし、その名を高めた安食シェフが辞めてからはお店もさみしく。
皆さん、安食シェフを惜しんで。比べて。お店の評判もちょっと落ちてしまいました。
私もそれ以来足を運ばなくなりました。

しかし、昨年春。シェフが再び変わると・・・
良い評判が耳に入ってくることが増えました。
焼き菓子を数回、プレゼントにいただきましたがおいしい!
そこで久しぶりにお店へ。
店内のイートインスペースは満席で待つ人もいました。
私たちは近所なので自宅へ持ち帰りますがレジも4組ほど並びました。
以前の活気が戻ってきている!
これは期待大です♪
c0141025_111821.jpg

お味を知りたいときは「ショートケーキ」を必ず。
ビジュアルは以前と変わらずハートいちご♪
ふんわり生地も健在です。クリームのエアリー感も最高♪
北山田の安食シェフのショートもこのままだった気がします。

そのほかに一つづつ選びました。
c0141025_114751.jpg

夫だんだんは「ニュアージュ」というフロマージュブランのムースに赤すぐりなどが隠れているもの。
甘さと酸味のバランスがふんわりやさしく口の中で交わります。

冬はチョコレートのケーキが気になります。私はこれまた基本の「オペラ」を。
基本のフランス菓子ですがお店の個性やシェフのこだわりがよくわかるケーキ。
濃厚でしっとりしていて大人味。好みです♪

安藤シェフ、すごいですね!
早くもたまプラーザの皆さんに愛されるお店復活!
HPもリニューアルされていてかわいい♪→コチラ
シェフのブログも心がこもっていて次々と読み進んでしまいました。

プチシトロンの帰り道。
たまプラーザのお土産にぜひお寄りくださいね!
[PR]
by citron-kami | 2011-01-18 01:11 | たまプラ散歩 | Comments(4)

今年初めのワイン会

成人の日。
プチシトロンでは今年初めのワイン会を行いました~emoticon-0168-drink.gif
毎回好評のソムリエ村田さんをお招きしてのワイン会。
新年ということでテーマは「泡」
シャンパーニュ・カヴァなど5種8本を生徒さん9名・ソムリエ・シトロンの11人でいただきましたemoticon-0159-music.gif

まずはシトロンによるおつまみ紹介。
生徒さんが見ている中、デモンストレーションでご紹介していきます。
c0141025_1234294.jpg

◆蟹とグレープフルーツのサラダ
◆そば粉のミニクレープ・ラフランスのコンフィチュール、カマンベールチーズ、カシューナッツをくるんで
◆蕗の塔と海老のフリッター
テーブルには50を超えるグラスが並ぶのでワイン会ではワンプレート。盛り付けがちょっとギューときついですが我慢我慢emoticon-0123-party.gif
前夜に作ったマカロンはテーブルの真ん中にガラスのキャニスターに入れて飾りつつ、手を出して食べてもらいワイワイ♪
薔薇の香りのスパークリングはソムリエからのプレゼント!
プチシトロンの生徒さんのイメージですって!

カヴァemoticon-0168-drink.gif
c0141025_1294558.jpg

◆NV プロジェクトクアトロ
◆NV プロジェクトクアトロ ロゼ

シャンパーニュは私がリクエストしたものも!
c0141025_1313383.jpg

◆NV ボランジェ スペシャルキュヴェ
◆2002 ボランジェ ラ・グランダネ
ボランジェのロゼをリクエストしたらグランダネを用意してくれました。こちらは私も初めて。
貴重なお味をゆっくり満喫しました。

差し入れもたくさんいただきました~!
c0141025_1344120.jpg

◆シニフィアンシニフィエのパン
私が1番好きなパン屋さんといったのを覚えていてくださったOさんより。ワインに相性の良いものを選んでいただいたよう。ナッツの香りとシャンパーニュは相性よくとってもおいしくいただきました。
◆かつお菜
福岡のお雑煮に必ず入れるというかつお菜。以前お話を伺ったときに「食べたことない!」と言っていたのを覚えていてくださってわざわざ福岡よりお持ちいただきました!その場でおひたしにしておいしくいただきました。
福岡出身のSさんありがとうございます。
◆ザッハトルテ
お正月をウイーンで迎えたHさんより。本場ホテルザッハのザッハトルテをいただきました。皆さんに本場の味を~と♪生クリームを添えていただきました。

皆さん、おいしいお土産をありがとうございます!

新年から皆さんの笑顔とおいしいワイン・お料理に囲まれて幸せな時間を過ごさせていただきました。
不定期で開催するワイン会。
次回は春を予定しています♪
[PR]
by citron-kami | 2011-01-16 01:41 | ワイン | Comments(0)

1月のワイン会はシャンパーニュを中心としたスパークリングワインがテーマ。
今回のメインシャンパーニュはボランジェのロゼ。
やさしい桃色が贅沢な気持ちにさせてくれるとっておきの1本。

このシャンパーニュをひきたてるテーブルで皆さんをお迎えできたら・・・
といろいろと妄想。
そう、私の場合、構想なんていうかっこいいものではなくにやにやして想像する妄想ですemoticon-0111-blush.gif
そのとき、雑貨屋さんで出会ったのがピンクのマカロンタワーのキャンドル♪
とても小さくてかわいらしい!
そのキャンドルをもってレジへ・・・と向かったのですが
「そうだ!自分でマカロンをつくろう!」と思い立ち、キャンドルをもとに戻したのでした。

夫がマカロン嫌いなのであまり作らないマカロン。
私は大好き♪
マカロンの練習も兼ねて作ってみました。
c0141025_00413.jpg

ピンクのマカロン♪
色は色粉で調節。
濃淡のマーブル模様にしてみました。
バタークリームにはプレゼントにいただいたバラのコンフィチュールを混ぜ込んでみました。
マカロン ローズです。

ワイン会は11名。みんなで食べたらなくなっちゃう!
ともう1種類追加。
夜中にごそごそ、夫の帰りを待ちながら作るのはなかなか楽しい♪
c0141025_033823.jpg

こちらは生地にココアを混ぜ込んでみました。
バタークリームには冷蔵庫に常備しているピーナッツクリームを加えて。
生地がゴワゴワ・・・
マカロナージュという混ぜ方が足りなかったみたいです。
これは今後の反省に!

さあ、このマカロンをテーブルに飾って、皆さんに食べてもらって・・・
食べていただく方をイメージしながら作るお菓子。
作っている私が一番幸せかもしれません。

明日のブログではワイン会の様子をご報告しますね!
[PR]
by citron-kami | 2011-01-15 00:06 | おやつ | Comments(0)