お節料理

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年も家庭も仕事も恵まれました。教室は6年目に入り自分なりに目指すものが明確になってきました。
たくさんの生徒さんに恵まれ、教室が中心でありながら企業のお仕事も毎月いただき、活躍の場が広がり感謝しています。
旅は国内に絞りたくさんの生産者さんに出会うことができました。そして旅先で食にかかわる方との出会いがたくさんあり、ご縁が広がった年でもありました。

新しい年2014年もしっかりと歩んでいかれるようがんばりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

お節料理♪
日本料理の文化と技術の集大成です。
お節料理がきちんと作れるということは日本料理が作れるということ。

毎年31日18時から主人の会社の若者が来てくれます。もう5年くらいでしょうか。
2人より大勢が楽しいのでちょっと忙しい年末ですが張り切って
お・も・て・な・し♪

夜の写真なので写りが今一つなのが残念!
c0141025_23362490.jpg

伊達巻・たたき牛蒡・松前漬け・栗きんとん・数の子・鮟肝の生姜煮・田作り・烏賊といくらの西京漬け
c0141025_23364668.jpg

鰊の昆布巻き・平目の白板昆布巻・裏白椎茸・ぶりの幽庵焼き・菊花蕪・ユリ根と黒豆の金団
c0141025_2337515.jpg

お煮しめは梅人参・金時人参乾瓢巻・干し椎茸・蒟蒻・鶉の卵・八つ頭・花蓮根
c0141025_23383984.jpg

黒豆・柿の紅白なますはガラスの器で。
c0141025_23392436.jpg

若い方が多いのでお肉もたっぷり。
松風焼き・鴨の和風ロースト・和風ローストビーフ
c0141025_2341034.jpg

あまり重くせず、ガラスを取り入れて華やかさも演出してみました。

毎年作るお節料理。
自分なりのテーマが決まり、味付けを見直しています。
伝統は大切にしながらも甘すぎず酸っぱすぎず。美味しく身体によい味を目指して。
昔は冷蔵庫がありませんでしたし砂糖が貴重で普段は控えていたため極端に甘いものが目立ちますが、冷蔵庫がある今、そこまで甘くする必要はありません。
お節が喜ばれないという声もありますが、そんな方にも受け入れていただけて美味しいと言っていただける味を目指しています。
うちの夫はおせち料理大好き!
毎年楽しみにしています。これもきっとお母さんが手作りの美味しいお節料理を作ってくれていたからですね。

〆は年越しそばを。
明け方まで宴は続き、今年もにぎやかな幕開けとなりました。

2014年どんな年になるのでしょう。
どうぞ皆様にとってよい1年となりますように♪



*********お知らせ************
次回豆腐マイスター講座プチシトロン開催 1月21日(火)3月4日(火)詳細・お申し込みは→コチラ!
富澤商店のHPにコラム掲載中♪
コチラ!
フードソムリエの「産地と食卓の往復書簡vol.43」を担当させていただきました。天草の甘夏農家さんとのやりとりを綴っています。是非ご覧ください♪→クリック!

レッスンのご予約はプチシトロンHP  下のバナーをクリック!
c0141025_21494499.gif
ドリーミアサロンの「予約の取れない料理教室」でプチシトロンが紹介されています。
予約の取れない自宅教室1回目

予約の取れない自宅教室2回目

予約の取れない自宅教室第3回

予約の取れない自宅教室第4回

サロネーゼランキングに参加しています。おひとり様1票の応援メッセージ、いただけましたら嬉しいです♪→ファン登録
[PR]
by citron-kami | 2014-01-03 23:42 | 教室のこと | Comments(0)