「ほっ」と。キャンペーン

手打ちパスタ~ガルガネッリ

夫、だんだんが「ミートソースが食べたいなぁ」とリクエスト。
私もなんだかそんな気分でいつもお願いしているお肉屋さんにおいしい牛肉を粗くひいてもらいました。500グラムたっぷりと。

たっぷり作って保存のきくソースは便利ですね。
豚で作るレシピも好きですが今回はこくのある牛で。
夏はトマトを多めに使ってこってりしながらもどこかさわやかさを感じさせるのが好みです。

お馴染のミートソース。
こちらはイタリアのボローニャが発祥。
牛に限らずウサギや鴨、いのしし・・・なんでもOK!
お肉をたっぷり肉のエキスをしっかりと感じてください。
ひき肉料理はぱさぱさにしないようポイントがいくつかありますがこちらはいつかレッスンで。

せっかくボローニャソースを合わせるなら同じくボローニャのパスタ、ガルガネッリをあわせましょうか。
c0141025_2124171.jpg

手打ちパスタは時間のある日しか作りませんが、手作りの楽しさを感じられる幸せ料理。
ガルガネッリはタマゴ生地を一度マシーンで伸ばして、5センチ角にカットして専用の道具「ペッティネ」で形を作っていきます。この道具を使うと筒状のパスタの内側と外側に細かい溝ができ、ソースがよく絡むのです。
せっかくですからソースを筒の中までしっかりと入れるように仕上げましょう。

専用の道具を使うもの、なんだか好きなんです。
道具にイタリアの風景が見えて、手作りしている人の想いがあって、材料を獲る森が見えて。
そんな風景を想い浮かべて作る時間が好き。

ワインを飲みながらゆっくりと食べたくなる手打ちパスタはいかがですか?
[PR]
by citron-kami | 2010-08-03 21:30 | おうちごはん | Comments(0)