おうちクリスマス

結婚して、夫婦でゆっくりクリスマスを過ごしたことがないんです。
飲食店の夫は12月は繁忙期。
クリスマスもいつものように深夜3時のご帰宅です。

今年も深夜から二人でひっそりお食事。
ローストチキンはレッスンの試作ですでに3回も食べているだんだん。
疲れも絶頂の時期、だんだんの好物、手打ちパスタにしました。

手打ちパスタの中でもしっかりとした食感のガルガネッリ。
冷凍庫を占拠している鴨を使ったラグーソースを合わせてみました。
このソース、お友達の料理研究家が作っているのをブログで見て、近いうちに作ろう!って思っていたもの。
(RIKOちゃん、鴨はやっぱりおいしいね~!忘年会お邪魔しました!)
c0141025_1195987.jpg


最近ヘルニアで苦しんいるだんだん、大好物を見たら元気が出るかな?
そんなことを考えながら一つづつ・・・
こういう時間・・・好きなんです。
毎日、駆け足で過ぎていく中、ふと立ち止まれる貴重な時間。

専用の道具を使っていくのですが、よくできているんです。
溝にパスタがよく絡むようになっています。
写真ではお伝えしづらいのですが細い棒にも溝があってパスタの外側にも内側にも溝ができる。
こういうイタリアらしいこだわりがすき。

クリスマスイブらしくない食卓ですが、心はこもっていますよ。
身体にいいものとだんだんの好物をちりばめました。
c0141025_1233626.jpg

◆サーモン&クリームチーズのディップ
セロリのアクセントが利いています。大好きなスモークサーモンを贅沢にたっぷりと入れて。
◆ホウレンソウのサラダ
鴨を焼いた脂でドレッシングを作っていきます。マスタードがたっぷり利いたごちそうサラダです。
◆大分産しいたけのステーキ
川上先生に分けていただいた、8センチもある大きなしたけ。ジューシーに焼き上げ、生徒さんにいただいたゆずとおいしいオリーブオイル・ソルトでシンプルに仕上げます。
◆里芋の味噌のっけ
畑で採れた里芋をいただいたのでチキンブイヨンで炒め煮に。上にのせたのは生徒さんからいただいたおいしいもろ味噌。お味のコントラストが楽しいヘルシーな和洋食になりました。
◆ガルガネッリをシャラン産鴨ラグーソースで
ポルチーニと一緒に煮込んだ鴨のラグーがパスタによく絡みます。
マジョラムをたっぷりときかせて。
◆自家製パンチェッタとひよこ豆の柔らか煮込み
だんだんは豆好き。豆の甘くない煮物をみると喜びます。

おいしいいただきものがちょっとづつあったので組み合わせてみました。
作り手の想いが伝わる野菜を食べて、元気に年末を迎えられますように・・・
ケーキはだんだんのお店で食べてもらいました。
夜中だからね。

今年も残りわずか、がんばって乗り切ってほしいものです。
[PR]
by citron-kami | 2009-12-27 01:36 | おうちごはん | Comments(0)